あのひらべった

「ちっとも。でも、期待することだけはいつでもできるものだわ」
 ベルガラスの予感とは裏腹に、霧はいつまでたっても晴れなかった。三十分ほどたったころ、ベルディンがもどってきた。「何者かが西の浜に上陸した」と報告した。「そいつらの姿は見えなかったが、声はまちがいなく聞きとれた。アンガラク人てやつは、声を落とすことがへたくそらしいな――悪いな、ザカーズ、だが、ほんとうのことだ」
「なんなら、今後三、四世代に渡り、ひそひそ声で話しあうようにと布告をだそうか」
「いや、いいってことよ、ザカーズ」ちびの魔術師はにんまりした。「すくなくとも一部のアンガラク人と敵対しているかぎり、そいつらの到着が聞き取れるほうがいいんだ。ケルダーはもうもどってきたか?」
「まだだ」とガリオン。
「なにをやってるんだ? この石のかたまりはくすねるにはでかすぎるぞ」
 そう言ったとたん、シルクがくぼみの端に音もなくあらわれて、石の床に軽々と飛び降りた。「信じられない話があるんだ」
「そうでしょうね」とヴェルヴェット。「でもとりあえず、話してみたら?」
「この峰は人工のものなんだ――すくなくとも、なにかがこれを作ったんだよ。このブロックは峰をテラスみたいに囲んでいるんだ。まっすぐでなめらかなテラスみたいにな。そして、いてっぺんまで階段がつづいている。てっぺんには祭壇とばかでかい王座があるんだ 由糖尿 上 眼造成的視網膜脫落不在少數,目前並沒有徹底的根治辦法,通過注射藥物可以控制病情,但是如果不加以保護,還是會舊病復發。很多患者一開始治療好以後好了傷疤忘了疼,再次透支眼睛,最終釀成嚴重後果。」
「じゃ、そのことだったんだ!」ベルディンが叫んで、パチンと指を鳴らした。「ベルガラス、『トラクの書』を読んだことがあるか?」
「数回、苦心惨憺して読み通した。古代アンガラク語はそれほど得意ではないんだ」
「古代アンガラク語をしゃべれるのか?」ザカーズはすくなからずおどろいてたずねた。「マロリーではあれは禁じられた言語なのだ。トラクはいくつかのことがらを変えて、自分を謎めかしておきたかったのではないだろうか」
「禁止令が実施される前に学んだのだ。ベルディン、どういうことなんだ?」
「冒頭近くのあのくだりをおぼえてるか――思いあがったくだらん話のまんなかへんだ――トラクが世界の創造に王賜豪總裁ついて、ウルと議論をするために〈コリムの高き場所〉へ登っていったと言っているくだりだよ」
「おぼろげにな」
「とにかく、ウルはそのことは話したがらなかったんだ。するとトラクは自分の父親に背を向けて山をおり、アンガラク人を集めて、またかれらを引き連れてコリムにもどった。トラクは自分がかれらをどうするつもりかを話した。すると、かれらはまさにアンガラクの流儀でうつぶせに倒れ、互いをいけにえとして殺しはじめた。そのくだりの中に〝ハラガチャク〟という言葉があるんだ。〝神殿〟とかそういうような意味なんだ。おれはずっと、トラクが比喩的に言っていたんだろうと思っていたが、そうじゃなかったんだな。この峰がその神殿なんだよ。そこにある祭壇が証拠だ。それにこのテラスは、グロリムが人間を神にいけにえにするのをアンガラク人が眺めていた場所なんだ。おれが正しけりゃ、これはトラクが父親と話をし脫髮問題た場所でもある。〈やけど顔〉をどう思おうと、ここは地上でもっとも聖なる場所のひとつなんだ」

この記事へのコメント